居場所のない文章

まるかん×いしわり×??? #1

by やちよ

3Pですね

なぜか「岩手県民すべてがラブ」みたいな扱いにされてる花巻にあったマルカンデパートの「大食堂」。申し訳ないですが、個人的には行ったこともなければ行くこともないであろう箇所です。

そんな花巻市民憩いの場のマルカンデパートの「大食堂」。惜しまれつつも大人の事情で閉館となりました。(関係者の皆様、おつかれさまでした。)
でも、みんな大好きなこの大食堂(...のソフトクリーム)をなくすのは嫌だ!ってことでいろんな方がいろんな方法で動き始めてます。
歌作ったり、ワイン作ったり、ストラップ作ったり。売上の一部をマルカンデパートの復活へ!と寄付金グッズっていうんですかね。そういうのも多く作られてるようです。
こういうのって応援したいですよね。だって、その人達にもお金が落ちるじゃないですか。
どうせですから

岩手にお金、落としたいじゃないですか。
まっとうに疑われることのない商売をしていくらかを寄付するって応援したいじゃないですか。

で、いろんな動きがある中で、
ものすごくひっかかったのはこの「いしわり」というクラウドファンディングサービス。
みれば見るほど胡散臭い。

このプロジェクトに突然降って湧いた一億八千万。
ころころ変わる方針。
よくもまぁ、これでゲンナマだそうとおもうもんだとおもうわけです

このプロジェクトは一体なんなのか

まぁ、そんな中、多分今回の復活喜劇の立役者であろう、柱であろう部分だと思うんですがね。
マルカン大食堂 運営存続プロジェクト
面倒なのと、結果何言ってるのかわかんないので説明ページから引用しますが

昭和の雰囲気がそのまま残る巨大ソフトクリームが名物の大食堂を引き継ぎたい!
マルカン大食堂 運営存続プロジェクト

「引き継ぎたい」んだそうです。で、いろいろ考えた結果

「存続は可能そうだ。しかし、初期費用として約6億円必要である」
マルカン大食堂 運営存続プロジェクト

ここからが大事ですよ。

「2016年8月31日までに2億円の寄付をベースとした資金調達」を実現しよう
マルカン大食堂 運営存続プロジェクト
その資金は、マルカンビルの耐震補強、老朽化した電気設備、建物の用途変更に伴う現行消防法への対応などにかかる初期コスト5億円~6億円の一部として活用させていただきます。
マルカン大食堂 運営存続プロジェクト

...と、いうことで「いしわり」という岩手のクラウドファンディングサービスを利用したそうです。

ここまでの引用先が、「いしわり」にあるマルカン大食堂 運営存続プロジェクトのページなんですけど、このページだけを読むと

支援者A

マルカンの食堂って、あのソフトクリームで有名なとこでしょ。2億必要なんだ。。。

支援者B

2億?!2億なんてクラウドファンディングであつめれるもんなのか

支援者C

1000円からか...。好きなところだったから復活してほしい!お金だそう!

みたいな感じで、2億必要なのか。僅かだけどなにかしたい、1000円で少ないかもしれないけど、私も何かしたい!って思うのが普通ですよね。だって、普通に読んで思うのって

マルカンの大食堂復活させるのに2億が必要

なんですから。

でも現実は違うんです。終わる数日前にいきなり一億八千万が追加されたんです。それまでは7%ぐらいの達成率が一気に97%とか
ありえないですよね。いきなりの一億八千万。
でもまぁ、「いしわり」って言うクラウドファンディングサービスはなぜか不思議な事に終わる前日や前々日くらいに100%いったりするんですよ。
だからどうせ今回も前日くらいに一気に金額湧いて気がついたらクリアしてんだろって思っていましたよ。
素晴らしい広報力ですよね。さすがのプロジェクトの選定力です。
それ狙ったんすかね。って、思うわけです。

そしたらものすごい「いいわけの嵐」がやって来ました。

(気が済むまで続く)

このエントリーをはてなブックマークに追加