居場所のない文章

まるかん×いしわり×??? #5

by やちよ

1.8億加算水増し理由は後からザクザク取ってつけた問題について

マルカンデパートのソフトクリーム「食堂」の復活に対して、たくさんの方が半ば条件反射であろう形でなにがリターンされるのか全くわからなずおもしろみすら見えないクラウドファンディングの偽物特別待遇に参加し、「寄付」をされたようで、額面上2億いきましたね。

マルカンデパートの「食堂」の復活にたいして、というか、今回のプロジェクトに対してこのように話しています。

そのための手法は「他の階に『魅力的なテナントを誘致する』『自分たちで事業を行う』により、しっかり儲け、その中で耐震改修など改築にかかるコストを10年で回収していく」というもの…
マルカン大食堂 運営存続プロジェクト

5月の時点ではこのように話しています。

・どうやったら6階以外のフロアを魅力的なフロアにできるのか?
マルカン大食堂 運営存続プロジェクト

そしてシステムをいじってまでも2億達成させてからの記者会見での話であった言葉が(2階以降に関して)

事業計画的には「無理に埋める必要はない」という状況なため
「ここを是非使いたい!」というテナントが出てきた際に検討
マルカン大食堂 運営存続プロジェクト

相当な金額を借り入れしてると思いますが、食堂だけで10年で利子含んだ金額を返済していくのでしょうか。
そもそもある程度見せるべきであろう(と、いうか自分なら見せる)事業計画「書」。
どこにもないんですよね。
口だけなんです、事業計画。
それで心優しい皆様から「寄付金」を集めてるんですよ。

テナントを入れると問題が発生するような耐震工事しか結果としてできないんでしょうか?

しょせん、マルカンデパートのソフトクリーム「食堂」しか頭にないので、その地域の活性化はどうでもいいんでしょうか。

話が大きくなるかもしれませんが、(花巻の)みんな大好きマルカンデパートのソフトクリーム「食堂」を本当の観光資源にして、一見じゃなく2回目3回目もきてくれるような町並みにするということが

そんな中、『リノベーションまちづくり』という遊休不動産を活用してまちを変えていく、建物を蘇らせていく事業を行っていた若手経営者の集まりである「株式会社花巻家守舎」が運営存続に名乗りを上げました。ここにつながるのではないのかなと。
マルカン大食堂 運営存続プロジェクト

御社の今後のお見本になるじゃないですか。リノベーション事例ですよ。あれそれ目当て?

どうせなら相応のリターンがほしいよね

「寄付金」を募るということは、「なにに使われるのか」ということがすっきりしてないと、とても気持ち悪いものですよね。

本当にこのお金はその事業に使われるんだろうか。
どの部分に使われるんだろうか。
それすら分かりやすく書かれてないんです。ころころ変わってるんです。
あの様子じゃ、元からまともなリターン、用意できないってわかってたんじゃないかなって思うんです。絵空事ですから。

だったら、こんなクラウドファンディングもどき使わずに、「寄付金募集」とか「コラボ寄付」に力を入れたほうがたくさんの賛同が得られたのではないのかなと。ダメだった時に返すのが面倒ですけどね。

もしも、いいわけリンクに書いてあること・その中ですら移り変わっていることが事業計画であれば、10年持ちますか?この事業。
始まる前に本人の中ですら建ってない柱の建物、うまく作り上げれるものでしょうか?
今まで積み重ねて強固にしてきたマルカンデパートという土台を、気がついたら壊してませんかね。

俺は言ってたもんねベロベロバー会見

そもそもこの8/30の会見、何時何分にどこで始まるのか。という発表が見受けられなかったんですね。メディア対応のみだったのかもしれません。..台風だから行きませんけどね。

それで、なんで「俺は言ってたもんねベロベロバー会見」だなって思うかって言うと

次スライド以降にあるブログや会見動画・資料にて説明し、6/16、7/1、8/1の3回加算した際にも、特にお問い合わせも無かったので、以下方針をご理解頂けていると思っていました。
http://www.otomoku.co.jp/dcms_media/other/160830kaiken.pdf

上記引用の中にある理解していただいていると思ってた方針がこちら

・目標金額は「大食堂復活のための必要なギャップ」であり、「何かしらの方法でギャップが埋まったら加算する」方針→「いしわり」の協力金額合計は復活までのカウントダウン
http://www.otomoku.co.jp/dcms_media/other/160830kaiken.pdf

もう繰り返し言ってるんですが、加算するとは確かに書いてるけど2億円が「大食堂復活のための必要なギャップ」ってどこにも書いてないんですよ。

ギャップっていう言葉がどこにもないんです。

もっと言えば、6億必要なんだけど2億たらないから2億集めようとしてんだよね

しか言ってないんですよ。

みんなが理解してくれないはともかく、うまく説明できないからみんながわかってくれないってのは経営者にとってもマイナスだと思うので、うまく説明できなくてメンゴメンゴじゃなく、ギャップという言葉を使わずに

目標金額は、今回大食堂復活のために試算した中で、様々な資金調達を行っている中どうしても足りないと思われる額です。

って、言えばよかったんじゃないでしょうか。

いしわりには代理アカウントというものが存在する

金額操作をするんじゃなく、代理アカウントが入金していけばとよかったですね。

(そろそろ飽きてきたから本題にはいろう)

このエントリーをはてなブックマークに追加